COLUM

コラム

保守業務を移管するとき・・・

つぶやき

2022/10/24

前回の「サルベージ」とは違うのですが、似たようなというかちょっとそれってどう?みたいな話です。

実は現在進行形の案件で、WEBサイト運営(毎週1回ちょっとしたことを変更するだけ)を数ヶ月いきなりしなくなり連絡もつかなくなったことから、保守業者の変更を考えられたお客様が弊社に相談。

なんとか連絡が付き該当の保守業者自体もできていなかったことを認め謝罪されるも、お客様は保守を弊社に切り替えることに。

 

実はこの業者さんから引き継ぐのは2社目。

前回引継ぎ情報もらうのにかなり苦労した経験から、とかく気を使って連絡することに。

ドメイン・ホスティングはお客様ご自身名義だったため問題なかったのですが、各種SNSやGoogle関連の登録・運用も保守契約内だったらしく、アカウント情報はお客様持っていない(ココはお客様に注意した事項でもあります)

なので、その情報も引継ぎとして連絡したところ、【マスコットキャラの制作データ含め一式用意して渡します】旨の連絡を最後に、連絡途絶!

その後、弊社どころかお客様の連絡さえ、何度メールするも一切返事されなくなりました。(その業者のTwitterやWEBサイトはちゃんと更新中)

 

さすがに非常にまずい状態に陥ったため、弁護士に相談されることになり、業者所在地(別事業で飲食業を営まれてます。。。無論営業中)に内容証明(要約:情報をちゃんと引継ぎして)を送付。

受取確認取れるも、完全黙殺!(イマココ)

 

弊社はWEBサイトの保守管理が主業のため、新規制作してからの保守もあれば、保守管理そのもののご相談から保守させていただくお客様も多々あります。

なので、トラブルを避ける為、他社より引き継ぐ時も、他社に引き継ぐ時(特にこちらの時は万全の情報をわたします)も細心の注意で情報に引継ぎを行います。

ですが、経験上このパターンは始めてて、ちょっとどうしよ?な状態です。

 

で、なぜそれってどうよ?な意味ですが、

その業者さん、SNSマーケティングセミナーで講師を依頼されて数十人の前でセミナーされてるんですよね。

 

・・・もうお客様激怒中だし、SNS更新できないし・・・お客様放置してSNSマーケティングセミナーで講師とかありえない。

| 一覧へ |

CONTACT

092-406-9941

受付 9:30~18:00(土・日・祝日除く)

MEETING

福岡市近郊は
無料でお伺いします

九州